バストが縮んだ!?知っておきたい胸が小さくなる原因

バストが縮んだ!?知っておきたい胸が小さくなる原因

 

驚く女性

元々小さい胸も悩みの種ですが、もっと心配なのが、胸がどんどん小さくなる現象。

縮んだり、しぼんだり、垂れてしまったり。加齢のせいももちろんありますが、どうしたら胸が小さくなるのを防ぎ、美しいバストを保つことができるのでしょうか。

今回は、気付いたら胸が小さくなった気がする、バストアップどころかサイズダウンしてしまった、その原因として考えられることをご紹介していきたいと思います。

 

1.ホルモンバランスの乱れ

まず第一に考えられるのはホルモンバランスの乱れです。以前はハリがあったはずの胸が、しぼんだり縮こまってしまった気がしませんか?

ホルモンバランスがよく女性ホルモンが上手く分泌できていれば、ハリがあるふっくらとしたバストを維持できますが、反対にストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などの影響でホルモンバランスが崩れると、バストアップどころか胸はどんどん元気がなくなっていきます。

胸のハリがなくなったり小さくなることに加え、ホルモンバランスの乱れにより生理不順や体調不良を起こすこともあるでしょう。

 

2.女性ホルモンの減少

ホルモンバランスの乱れに共通しますが、胸が発達したり、ハリを保つためには女性ホルモンが大きく影響しています。

女性ホルモンの分泌が上手く行われなければ、バストが小さくなるだけでなく、女性らしい体型を維持したり、健康な妊婦や母体になることも難しくなります。

有名な例でいえば、1日の中で女性ホルモンの分泌が最も多いとされる時間は夜10:00~深夜2:00。この時間にしっかり睡眠をとっていればの話です。一方で、女性がこの時間に起きている場合は、全くの逆効果。むしろ男性ホルモンが活発分泌してしまい、バストアップどころか胸が小さくなりムダ毛の原因にもなってしまいます。

女性ホルモンの分泌・活性化は食事や睡眠からの改善に加えて、サプリなどを活用して摂取してみるのも良いでしょう。

 

3.過度な運動

もちろん適度な運動は、健康維持にもバストアップにも不可欠ですが、ランニングやウォーキングなどの過度な運動も胸を小さくする原因となることがあります。

これは、運動でバストを揺らすことによる影響が大きいのです。

  • 走ったりして胸を揺らすことで胸の体脂肪率が減少し、結果胸が小さくなってしまう
  • クーパー靭帯という胸を支えている繊維組織が切れてしまい胸が垂れてしまう

走ったり、動いたり、スポーツが好きな方は、スポーツブラなどでしっかり胸を固定して、揺れによるバストへの負担をなるべく軽減させましょう。

 

4.過度なダイエット

運動に引き続き、過度なダイエットも同じく胸が小さくなる原因となります。

とにかく体脂肪を減らさなきゃと、運動をしたり食事制限をすると、それが胸にも大きく影響するのです。

基本的に、私たち女性の身体の中の体脂肪率は20~25%が理想的。コレ以上、脂肪を落とすともちろん胸の脂肪も減り、バストダウンに繋がってしまいます。

適度な筋トレで身体を引き締めるなど、バランスの良い体型を目指しましょう。

 

5.栄養不足

ホルモンバランスの乱れに共通する部分も多いですが、栄養不足が続くと、胸のハリもなくなりサイズも小さくなっていきます。

胸だけでなく全体的に病的に痩せてきたときは要注意。胸が小さくなるだけでなく、体調不良や思わぬ病気の原因となってしまうかもしれません。

 

6.血行不良

せっかく食事やサプリから栄養を摂取していても、それを胸まで行き渡らせることができなかったら意味がないですよね。

血行が悪いのかなと思ったら以下の可能性をチェックして、対策をとってみましょう。

  • 冷え性 →お風呂に浸かったり、ストレッチで改善
  • 運動不足 →適度な運動
  • リンパの流れが悪い →マッサージやツボ押し

特に胸まわりの血行が悪い時はマッサージやツボ押しがおすすめ。入浴中やお風呂上がりに積極的にストレッチやマッサージ、ツボ押しを行ってみましょう。

マッサージの方法はこちら
ツボ押しの方法はこちら
お風呂でできる効果的なバストアップはこちら

 

7.コーヒーの飲みすぎで胸が小さくなる?

よくコーヒーを飲むと胸が小さくなるとよく言われていますが、それは本当なのでしょうか。

結論から言うと、コーヒーを飲んだからといって胸が小さくなるわけではありません。しかし、飲みすぎてしまうとバストが小さくなったり、成長を妨げたりする原因になる可能性は十分にあります。

その理由は、コーヒーに含まれるカフェインの作用。

カフェインの効果

  • 覚醒作用 ・・・夜に眠れない (→睡眠不足)
  • 鉄分を壊す作用 ・・・貧血気味に (→栄養不足)
  • 自律神経に影響 ・・・ホルモンバランスの乱れ
  • 血管収縮作用 ・・・血流が悪くなり冷えの原因に (→血行不良)

このように、カフェインの効能は上で説明した胸が小さくなる原因の多くに当てはまっていますよね。

しかしその一方で、カフェインには女性ホルモンの”エストロゲン”を増加させる作用も。一概にバストアップに悪いとは言い切れないのです。

大切なのは、飲みすぎを避けること。眠いからといって、3杯も4杯もコーヒーを飲んでいるようなら要注意です。

そもそもコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶、コーラなどにもカフェインは含まれているので、摂取量に十分気をつけながら、飲みすぎている人は1日1杯程度に抑えてみるなど意識してみましょう。

 

まとめ

以上、胸が小さくなってしまった原因として考えられるものを7つご紹介しました。

  • ストレスで食欲不振になって栄養不足で胸が縮んだ
  • 仕事が忙しくて徹夜が続いたら、胸もしぼんでムダ毛も生えてきた
  • 痩せたくてひたすらランニングしたら胸の脂肪だけ落ちてしまった

などなど、様々な要因が重なって、思わぬバストダウンに繋がってしまうことは誰にでも起こり得ることでしょう。

一度バストがしぼんでしまったからといってすぐに諦めずに、まずは健康第一。

規則正しい生活に加えて、マッサージやサプリなどを上手く活用して、ハリのあるふっくらとした胸に戻せるようにがんばりましょう。

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る