垂れ胸や離れ胸の原因!バストを支える「クーパー靭帯」とは

垂れ胸や離れ胸の原因!バストを支える「クーパー靭帯」とは

 

白壁の前に立つ女性

最近、胸にハリがなくなってきた、垂れてきた、左右の胸が離れている、そんな悩みを抱えている方。それは、あなたの「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりしてしまっているからかもしれません。

では一体、この「クーパー靭帯」とは何なのでしょうか。

今回は、垂れ胸や離れ胸を防いで、美しいバストを保つためのキーワード「クーパー靭帯」についてご紹介したいと思います。

 

1.クーパー靭帯とは

まず最初に、クーパー靭帯とはいったい何なのか、詳しくご説明します。

クーパー靭帯とは、バストの乳腺や脂肪をまとめるように支えているコラーゲン腺維の束。バストを形成する乳腺を筋肉や皮膚につなげておく大量のケーブルのようなもの

つまりバストの垂れを防いで、キレイに吊り上がった上向きバストを目指すためには、このクーパー靭帯の役割が非常に大きいのです。

通常の靭帯(じんたい)は、伸び縮みはしないですが、このクーパー靭帯は伸びてしまったり、切れてしまうことがよくあります。激しい運動によるバストの揺れや、過度のマッサージなどにより、簡単に傷付いてしまうのです。

また、クーパー靭帯が切れてしまったからといって痛みを感じるわけではありませんが、一度切れてしまったら元通りに戻すことはできません。伸びることはあっても、縮むことはないのです。

 

2.クーパー靭帯の特徴

クーパー靭帯の特徴を簡単にまとめていきます。

  • 100%コラーゲンでできた靭帯
  • バスト内の乳腺や脂肪と繋がっている
  • バストを支えて吊り上げる
  • 一度伸びたら縮まない
  • 一度切れたら治せない

あまり聞き慣れない「クーパー靭帯」ですが、バストアップを目指すなら決して忘れてはならない、非常に重要な役割をしていることがわかりますね。

 

3.クーパー靭帯を守る方法

しかし、一度伸びたり切れたりしたら治せないクーパー靭帯、いったいどうやってケアすればいいのでしょうか。

最後に、日常生活で意識するべき、クーパー靭帯を守る方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

  • ノーブラでいる時間を減らす
  • 大胸筋を鍛える
  • コラーゲンを摂取する
  • 正しいサイズのブラを付ける
  • 激しい運動をするときはスポーツブラをつける
  • 寝るときはナイトブラをつける

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ノーブラでいる時間を減らす

ノーブラでいる時間が長くなる=長時間バストを支えるものがない状態ということです。

胸が大きい人はもちろんですが、胸が小さい人でも油断は禁物です。胸の垂れは、サイズに関わらず起こります。上向きのキレイなバストを目指すなら、クーパー靭帯を守るためにも、面倒くさがらずにブラをつけることを意識しましょう。

 

大胸筋を鍛える

バストの土台となる大胸筋も、胸を支える大切な役割を果たしています。ボディビルダーのように鍛える必要はないですが、適度にストレッチしたり、筋トレすることで、大胸筋がクーパー靭帯のお仕事を手伝ってくれるようになるでしょう。

大胸筋のプチ筋トレ方法はこちら

 

コラーゲンを摂取する

クーパー靭帯は100%コラーゲンでできています。つまり私たちの身体がコラーゲン不足になるとクーパー靭帯がもろくなって切れやすくなってしまうことがあるのです。

食べものやサプリからコラーゲンを積極的に摂取することも、クーパー靭帯ケアに繋がるでしょう。

 

激しい運動をするときはスポーツブラをつける

クーパー靭帯が傷付く可能性が非常に高い状況として、バストの上下運動や揺れが多いスポーツ時があげられます。

運動時は通常のワイヤーブラだと、ずれてしまったりワイヤーで締め付けてしまったりと、クーパー靭帯への負担が逆に増えてしまうので、必ず専用のスポーツブラをつけるようにしましょう。

クーパー靭帯の損傷を守るために、固定力が優れたスポーツブラも多く開発・販売されています。

 

寝るときはナイトブラをつける

眠っている時も、寝返りや胸が横に流れた姿勢を長く続けることで、思わぬうちにクーパー靭帯が損傷してしまうことがあります。

肌触りや着心地がよく、胸への負担も減らしてくれるナイトブラも多く開発・販売されています。ナイトブラにプラス、バストアップ効果も兼ね備えた育乳ブラなども発売されているので、一度試してみても良いでしょう。

 

正しいサイズのブラを付ける

ノーブラの時間を減らすとともに、正しいサイズのブラをつけることも大切です。

・小さすぎるブラをつける⇒バストを締め付けて血行やリンパの流れを悪くする
・大きすぎるブラをつける⇒バスト周りの脂肪が外に流れてしまう

などなど、間違ったサイズのブラはバストアップにはもちろん、クーパー靭帯にも大きな負担を与えてしまいます。

 

まとめ

以上、垂れ胸や離れ胸を防いで、美しいバストを保つためのキーワード「クーパー靭帯」についてご紹介しました。

クーパー靭帯の特徴まとめ
  • 100%コラーゲンでできた靭帯
  • バスト内の乳腺や脂肪と繋がっている
  • バストを支えて吊り上げる
  • 一度伸びたら縮まない
  • 一度切れたら治せない
クーパー靭帯を守る方法まとめ
  • ノーブラでいる時間を減らす
  • 大胸筋を鍛える
  • コラーゲンを摂取する
  • 正しいサイズのブラを付ける
  • 激しい運動をするときはスポーツブラをつける
  • 寝るときはナイトブラをつける

「クーパー靭帯」の重要性を理解するとともに、普段の生活でも意識的にケアして、キレイなバストを目指しましょう。

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る