バストアップサプリを飲んだら太るって本当?

バストアップサプリを飲んだら太るって本当?

女性ホルモンには脂肪を増やす働きもある

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

プエラリアをはじめとするバストアップに効果的なサプリメントには、太ってしまうという副作用があるといわれています。

確かに、バストアップサプリが太る原因になってしまうことがあるのは事実です。では、どういうメカニズムで太ってしまうのでしょうか。

まず知っておいてほしいのは、プエラリアをはじめとするバストアップサプリの働きは、女性ホルモンの分泌を増やしたり、働きを強めたりすることです。

バストアップマッサージにも、女性ホルモンの分泌を促すものがあります。女性ホルモンには胸を大きくする働きがありますので、この効果を強めてあげることで豊胸効果をもたらそうというわけです。

問題は、サプリメントやマッサージによって女性ホルモンの働きが必要以上に強くなってしまうと、脂肪細胞が肥大してしまうことです。

つまり、体に脂肪が多くつくということで、太ってしまうことにつながるわけです。そもそも、女性ホルモンの本来の働きはバストだけに限らず、女性らしい丸みを帯びた体を作ることです。

女性の体脂肪率が男性に比べて高めであることからも分かるように、女性らしい体は体脂肪によってもたらされているのですから、ある程度は仕方ないといえるでしょう。

また、体に脂肪が蓄積されることは、女性ホルモンの分泌量が増加するということにもつながります。

これがバストアップだけにつながるのならいいのですが、実際には上にも書きましたように、全身に脂肪をつけることにつながってしまうのです。

そして、体脂肪が増えれば女性ホルモンが増え、女性ホルモンが増えればさらに体脂肪が増えるという悪循環に陥ってしまいます。

ちなみに、バストの大半は脂肪分でできていますから、バストアップというのは胸に脂肪をつけることでもあるのです。大きなバストを持っている人は、ふくよかな体形をしていることが多いです。

胸だけに脂肪をつけたいと考えるのは、虫のいい話だと言われてしまっても仕方ないでしょう。

サプリメントの飲み方と選び方がカギ

8eb750f86b8ec4f26f73a1e1ebff1df6_s

とはいえ、バストアップをしながらダイエットもしたいと考えている人も多いでしょう。

上にも書きましたように、バストアップに重要な女性ホルモンに体脂肪をつける働きがある以上、バストアップとダイエットを両立させるのは簡単ではありません。

ですが、少しでもそうした理想に近づくためには、サプリメントの飲み方と選び方がカギになってきます。まず、サプリメントは多く摂取すればいいというものではなく、適量というものがあります。

上にも書きましたように、バストアップサプリが太る原因になってしまうのは、女性ホルモンの働きが必要以上に強くなってしまったときです。

ならば、必要以上に強くならないレベルの摂取量に抑えればいいのです。プエラリアの1日当たりの摂取量は、100ミリグラムが理想的だとされています。

この量ならば、必要以上に女性ホルモンの働きを強めることなく、バストアップ効果が望めるからです。女性ホルモンの働きが強くなりすぎなければ脂肪細胞の肥大は抑えられ、体重増加も抑えられるというわけです。

そして、サプリメントを選ぶ際には、ダイエット効果のある成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。プエラリアをはじめとするバストアップ成分のみが含まれているサプリメントと比較すると、体重の増加が抑えられるからです。

ネットで「バストアップサプリ ダイエット」で検索をかけると、そうしたバストアップサプリがヒットします。まずはその製品を試してみるのもいいかもしれませんね。

>>当サイトから選ばれているバストアップサプリはこちら<<

繰り返しますが、バストアップとダイエットを両立させるのは簡単ではありませんが、決して不可能ではないのです。良いサプリメントを適切に摂取することで、理想に近づけるのです。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る