左右に離れたバストを改善したい!離れ胸の原因と対策まとめ

左右に離れたバストを改善したい!離れ胸の原因と対策まとめ

 

考える女性

大きな胸は理想だけど、垂れたり形が悪かったら意味がない。その中でも、左右に離れてしまった離れ胸は、垂れ胸と同じくらいもったいないこと。

胸が離れてしまっていては、キレイな谷間をつくることもできないですよね。

今回は、離れ胸になる原因と、その改善策・対策をまとめてご紹介したいと思います。

 

離れ胸の原因

まず最初に、どうして胸が離れてしまうのでしょうか。考えられる原因は以下の4つ。

  • ノーブラの時間が長い
  • ブラのサイズやつけ方が間違っている
  • 筋肉が衰えている
  • クーパー靭帯の傷みや伸び

以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1.ノーブラの時間が長い

垂れ胸や離れ胸の大きな原因は、しっかりと胸を支えて持ち上げている時間が短いから。重力に負けて下に垂れてしまい、そこからさらに外側に流れてしまったら、完全な離れ胸になってしまいます。

ラクだからといって、休みの日は一日中ノーブラで過ごしていませんか?美しい胸をキープしないなら、胸をしっかり固定してあげる時間を増やしましょう。寝るときにバストの型崩れや横流しを防ぐナイトブラをつけるのもおすすめ。

 

2.ブラのサイズやつけ方が間違っている

ノーブラではなかったとしても、サイズやつけ方を間違えたままブラをつけていては意味がありません。

小さすぎるブラは、胸まわりを締め付け血行を悪くし、大きすぎるブラは固定しきれず脂肪が外に流れてしまいます。自分に合ったサイズのブラのカップに胸まわりのお肉をしっかりとおさめ、寄せて持ち上げるようなイメージでブラをつけましょう。

  • ブラのサイズは自分で決めつけず、ランジェリーショップなどで測ってもらう
  • ブラのサイズは大きすぎても小さすぎてもダメ

 

3.筋肉が衰えている/姿勢が悪い

胸の土台となる大胸筋や小胸筋が衰えていると、バストを支えきれず垂れ胸や離れ胸の原因となってしまいます。

大胸筋は、大きな胸を垂れずにしっかりと固定するために、骨と一緒に土台となる”バストキープ”にも必要不可欠な筋肉。

小胸筋はバストが垂れてしまわないよう吊り上げ、脂肪が背中に流れてしまわないようにキープするために必要な筋肉。

この大胸筋と小胸筋の衰えには、姿勢の悪さも大きく影響しています。猫背になったり、バストが開かず肩が内側に閉じてしまっている姿勢を続けていると、バストアップにも離れ胸にも同時に悪影響に。さらに肩こりの原因にもなってしまいます。

 

4.クーパー靭帯の傷みや伸び

「クーパー靭帯」とは、バストをつくっている「脂肪」と「乳腺」を支えている、コラーゲン繊維組織の束のことです。

クーパー靭帯は、乳腺を皮膚と筋肉につなぎとめる役割をしており、放射線状に無数に伸びるワイヤーのような働きをして、バストを吊り上げてくれています。このクーパー靭帯が傷ついて切れてしまったり、伸びてしまうことが、垂れ胸や離れ胸に繋がってしまうのですね。

クーパー靭帯は、激しく胸を動かす上下運動(階段の上り下りなど)や、加齢によって切れたり伸びたりしてしまい、元に戻すことはできません。

 

離れ胸の対策・改善方法

続いて、離れ胸になりたくない!離れ胸気味だけど、なんとか改善したい!そんな方におすすめの対策・改善方法を5つご紹介します。

 

1.正しいサイズのブラジャーを正しくつける

「原因」でもお話したとおり、ブラのサイズやつけ方はとても大切。

ブラのサイズ

× 小さすぎるブラ ⇒リンパ腺を締め付けて、胸の発達の邪魔になる
× 大きすぎるブラ ⇒胸にいくはずのお肉がお腹や背中に流れてしまう
◎ ちょうどいいブラ ⇒お腹、脇のお肉が寄せ集められてキレイな谷間ができる

ブラのつけ方

①鏡の前に立ちブラをつけてホックをとめる
前かがみになって、脇やお腹の脂肪を集めながらつける←ポイント!
③胸まわりのお肉にもれがないかチェック

まずは、一度ランジェリーショップで下着を買う時に、実際につけ方や選び方を教えてもらいましょう。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉を忘れずに!

また、一度サイズを聞いたからといって、それが一生続くわけではありません。新しいブラを買いに行くタイミングでまたサイズを測ってもらって、大きさが変わっていたらブラのサイズもその都度変えていきましょう。

 

2.離れ胸改善に効果のあるブラを選ぶ

51zP7gTeZOL

[ リフトアップブラ  By Amazon.jp : http://www.amazon.co.jp/dp/B010ACKHIC ]

最近では、離れ胸の方に嬉しい、バストを中央に寄せることを目的としたブラも発売されています。

・脇の部分の再度ベルトの幅が広く、胸まわりの脂肪が背中やお腹に逃げるのを防げるもの
・少し大きめのブラにまわりの脂肪を集めて寄せて固定することでバストアップ&離れ胸を解消する「育乳ブラ」
・【画像】カップ形状とアンダーサイドのパワーベルトのアプローチで胸を寄せて上げる「リフトアップブラ」

などなど、自分に合うものを探してみましょう。

 

3.ナイトブラを活用する

離れ胸を少しでも改善したいなら、寝ている時間も無駄にせず、しっかりと胸の型崩れ・垂れ・離れを防ぎましょう。

締め付けずにリラックスできるような構造のナイトブラをつけて眠ることで、睡眠の妨げになることなくバストキープをすることができます。

高性能のナイトブラは、締め付けてはいないものの、アンダーベルトに太めの生地を使って垂れ防止、脇下部分を広めにすることで横流れを防いでくれますよ。

 

4.胸筋を鍛えるエクササイズ

胸を固定する土台となる大胸筋と、胸を吊り上げ、脂肪が背中に流れてしまわないようにキープする小胸筋をバランスよく鍛えることで、離れ胸改善に繋がります。

鍛えるといっても、思いっきり筋トレをする必要は全くありません。やりすぎると、むしろ、胸の脂肪が燃焼してサイズダウンになったり、筋肉で胸が硬くなったりしてしまいます。

普段の生活の中で無理なくできるプチ筋トレ&ストレッチがおすすめです。

胸筋を鍛えるのに効果的なプチ筋トレを詳しく見てみる

 

5.適切なマッサージを行う

離れてしまった胸を少しでも改善させたいなら、日々のマッサージもとても大切。

「乳腺」の発達を促したり、胸まわりの「リンパ」を流すことで、バストアップしながら垂れ胸・離れ胸防止にも繋がります。

入浴中やお風呂上がりなど、血行が良くなっているときに、【下から上】、【外から内】のマッサージを積極的に行ってみましょう。クリームなどですべりを良くしてマッサージするとやりやすいですよ。

胸を大きくする効果的なマッサージを詳しく見てみる

 

まとめ

以上、左右の胸が離れてしまった離れ胸になってしまう原因と、対策・改善方法をご紹介しました。

理想的な美しいバストは、鎖骨の中心と左右のバストトップを結んだ線が「正三角形」になるバストと言われています。垂れていたり、離れていると、この三角形が歪になってしまいますよね。

ノーブラの時間が増えないよう意識してみたり、ちょっとした筋トレやマッサージを積極的に試してみたりと、日々の生活を工夫することで、離れ胸を防いできれいな「正三角形バスト」を目指しましょう。

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る