寄せて集める脂肪がない!痩せ型さんへの育乳ブラの効果とは

寄せて集める脂肪がない!痩せ型さんへの育乳ブラの効果とは

 

女性タンクトップ

育乳ブラをつけてみたいけど、元々痩せ型の体質だったり、急激なダイエットなどで寄せ集める脂肪がない。そんな悩みを抱えている女性もいるでしょう。

寄せ集めるお肉がない女性は、果たして育乳ブラではどうにも効果が得られないのでしょうか

今回は、痩せ型の女性にとって育乳ブラは本当に効果がないのか、つけることによって何かしらプラスの効果はあるのかについて、ご説明したいと思います。

 

1.本当に痩せ型?実は集めきれていない脂肪があるかも・・・

まず最初に、「寄せ集める脂肪がない」と自分で勝手に決めつけてしまっていませんか?

自分ではAカップだと思っていても、正しい方法で寄せ集めれば意外とBカップだった、実はCカップだったということも有り得るのです。

胸の中心から脇の下までの範囲のお肉って意外とあるものです。まずは、下着の専門店でフィッター(スタイリスト)さんに一度サイズをはかってもらったり、正しいつけ方を教わりましょう

育乳ブラには、”育乳”だけでなく寄せて上げてしっかりと固定するという効果もあるので、自分のサイズにピッタリ合う育乳ブラがあれば試してみても良いでしょう。

 

2.体脂肪率20%以上を目指す

痩せ型の方は、まず自分の体脂肪率をはかってみて下さい。

体脂肪率が20%を下回ってしまうと、痩せすぎで健康にも影響を及ぼしてしまいます。体脂肪率が20%以下の痩せ型の方は、育乳ブラどころか、まずは身体の中の栄養バランスを整える必要があります

脂肪をつけるために、肉類(タンパク質)を多く食べてみたり、タンパク質・脂質共に高いチーズなどの乳製品を意識して食べてみてはいかがでしょうか。

まずは、身体に適度な脂肪をつけてから、運動やマッサージなどでお肉が胸にいくようにコントロールしてあげましょう。

 

3.痩せ型女性向けのバストアップ方法

では、痩せ型の女性はどのようなバストアップ方法が効果的なのでしょうか。

  • 食生活で体内の栄養バランスを整える
  • マッサージなどで胸まわりの血行を促進
  • サプリなどを活用してみる
  • 自分のサイズに合う育乳ブラをつけてみる

重要なのは、本人がどんなタイプの痩せ型なのか自分の身体を理解すること。

-健康に影響を及ぼす体脂肪率20%以下の痩せ型なのか
-実は集めれば意外と脂肪があるタイプなのか
-胸周りにだけ脂肪がないタイプなのか

様々な痩せ型のタイプがあるので、自分のタイプを理解しておくのは大切です。

 

食生活で体内の栄養バランスを整える

まずバランスのとれた食事から栄養を摂取するのはバストアップに限らず、健康維持に必要不可欠

健康な体型を維持したままバストアップを目指したいなら、偏った食事はやめる、ファーストフードばかりの食生活は避ける、タンパク質・大豆製品・乳製品といった女性ホルモンを活性化する食材を積極的にとるなど、意識してみましょう。

 

マッサージなどで胸まわりの血行を促進

栄養を身体に取り入れたら、その栄養を胸まで行き渡らせることが重要。胸まわりをマッサージしたり、ストレッチしたり、ツボ押しをしてみると、血行促進に繋がり、バストに栄養が行きやすいくなります。

 

サプリなどを活用してみる

ここまで食生活に気を付けられるようになってきたら、痩せ型さんには育乳ブラよりサプリの活用の方が向いているかもしれません。

積極的に女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモン調整の助けになったりと、女性に嬉しい要素がそろっているサプリは一度試してみる価値はあるでしょう。

 

自分のサイズに合う育乳ブラをつけてみる

ある程度、身体にお肉はついてきた、ちょっとふっくらしてきたかなーと思ったら、育乳ブラをつけてみても良いでしょう。サプリと併用しても良いですね。

上でも説明した通り、育乳ブラは育乳だけでなく寄せ集めて固定する効果もあるので、自分のサイズに合うものが見つかれば、バストの垂れ防止や理想的な形のキープに繋がるかもしれません。

 

まとめ

以上、痩せ型の女性にとって育乳ブラは本当に効果がないのか、つけることによって何かしらプラスの効果はあるのかについて、ご説明しました。

「痩せ型だから」と一言で諦めずに、しっかりとサイズをはかってもらったり、まずは食生活やアプリで体型を整えてみたりと、できることはたくさんありますよ。

是非、参考にしてみて下さい。

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る