食べ物に含まれる女性の味方!イソフラボンの効果&役割とは

食べ物に含まれる女性の味方!イソフラボンの効果&役割とは

 

豆乳

バストアップに効果的な食べ物で有名なものといえば、大豆製品。

何故なら大豆には「イソフラボン」という成分が豊富に含まれているから。そしてこの「イソフラボン」は、健康成分・美容成分として昔から多くの人々に親しまれてきました。

今回は、バストアップに効果的な成分の代表として知っておきたい「イソフラボン」について、効能や過剰摂取による副作用などをまとめてご紹介したいと思います。

 

1.イソフラボンとは?

イソフラボンとは、大豆胚芽に多く含まれるフラボノイド(ポリフェノール)の一種です。

フラボノイドは種類によって特徴や作用は微妙に異なりますが、その多くが強い抗酸化作用を持っており、健康維持や美容にとても効果的な成分と言われています。サプリなどにも広く使用されていますね。

イソフラボンが豊富に含まれる食べもの
  • 大豆
  • 豆腐
  • 豆乳
  • 納豆
  • 味噌
  • 枝豆
  • きなこ

などなど、普段の食生活から簡単に摂取できるものばかりです。

 

2.イソフラボンの効果・効能

大豆イソフラボンには、バストアップ効果のみならず、その他の美容効果や健康維持なども期待ができます。

 

バストアップ効果として

女性ホルモンの”エストロゲン”と同じ働きをすることで有名なイソフラボン。女性らしい体型をつくり、ホルモンバランスを整えることで、生理不順などの改善にも役立ちます。

女性のバストの中身は乳腺と脂肪でできています。この「乳腺」の発達こそがバストアップに繋がるのですが、イソフラボンを摂取することによって、女性ホルモン同等の作用が乳腺に働き、バストアップに繋がるのです。

摂取できる食材が多いのも大きなポイント。毎日無理なく食べ続けることができて、身体への負担もそこまで大きくないのが嬉しいですね。

 

美容効果として

バストアップの他にも、美肌(美白)効果や保湿性向上など、イソフラボンはお肌にも嬉しい美容成分として知られています。

女性ホルモン作用のおかげで、薄毛解消やダイエット効果にも。加齢により女性ホルモンは減少していってしまうので、いくつになってもバランスよくイソフラボンを摂取していたいですね。

 

健康維持として

脂肪細胞を小さくし脂肪を燃焼させる効果がある女性ホルモンのおかげで、ダイエット効果がもたらされたり、女性ホルモンのエストロゲンの不足によって起こる骨粗しょう症の予防、更年期障害の改善など、健康維持にも役立ちます。

 

3.イソフラボンの1日の摂取量目安

これだけ良い部分を聞くと、ひたすら大豆を食べて、とにかくたくさんイソフラボンを摂取したい気分になりそうですが、それはおすすめできません。

イソフラボンの1日の必要摂取量には理想とされる目安があり、それを大幅に超えて過剰摂取になってしまうと、バストアップや健康維持どころか、副作用などで身体に負担をかけてしまうことも。

食品から摂取するイソフラボンの摂取目安量の上限値:75mg
→その内、サプリメント等の健康食品からの上限値は:30mg

 

【摂取例】
  • 味噌汁1杯・・・約10mg
  • 豆腐 約1/3丁・・・約20mg
  • 納豆1パック・・・約37mg
  • 豆乳200ml(コップ1杯分)・・・約50mg

豆腐入り味噌汁を朝・晩と1日2回のんで、1日1回納豆を食べていれば、ちょうど70~75mg程度のイソフラボンを摂取できますね。

⇒イソフラボンの場合は、理想的な摂取量が食品から十分とれるので、あえてイソフラボン配合のサプリなどを飲むよりも、食生活を見直す方がよっぽど身体にも負担が軽く、効果的といえるでしょう。

 

4.イソフラボン過剰摂取による副作用は?

では、もし過剰摂取してしまった場合の副作用はどんなものなのでしょうか。

  • 生理不順
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 乳がんのリスク

ただし、これは必ずしもイソフラボンのみが影響しているとは限りません。むしろ、イソフラボンの働きは、実際のホルモンより働きが弱いので、副作用にかかることはあまりありません。

 

食品からの摂取の場合

副作用と聞くと、怖くなって大豆製品の食べ過ぎを抑えてしまうかもしれませんが、ここは大豆製品好きに朗報!食品からのイソフラボン摂取による大きな副作用はほとんどありません。

もちろん上で説明したように、必要摂取量の上限として70~75mgを目安にするのは大切ですが、だからといって普段の食事まで制限したらストレスになってしまいますよね。普段通り生活していて健康体であれば問題はないのです。

食生活において大事なのはバランス。大豆製品を食べ過ぎること自体がダメなのではなく、他の食材もバランスよく食べているかどうか、タンパク質や炭水化物、ビタミンなどもしっかり摂取しているかなどが重要となります。

サプリや栄養補助食品からの摂取の場合

注意すべきだとしたらこちらの方ですね。サプリや栄養補助食品から摂取するイソフラボンは、食品から摂取するイソフラボンよりも吸収率が良いので、過剰摂取になってしまう可能性が高いのです。

特に、以下の方はサプリ等からのイソフラボン摂取は控えましょう。

  • 生理中の方
  • 妊婦の方
  • 子宮筋腫や子宮内膜症の方(病院で相談しましょう)

⇒一概に、これなら良い、これはダメという明確な基準はありませんが、可能性の一つとして覚えておいて損はないでしょう。

 

まとめ

以上、バストアップに効果的な成分の代表として知っておきたい「イソフラボン」について、効能や過剰摂取による副作用などをまとめてご紹介しました。

イソフラボンが豊富に含まれた大豆は、日本人にとって非常に身近な食材。事実、欧米諸国では、日本人の長寿、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さは大豆イソフラボンのおかげなのではないかという研究もあります。

イソフラボンをたっぷり含んだバランスのとれた食生活で、健康維持にも美容効果にもバストアップにも繋がったら本当に一石三鳥ですよね。

是非、バストアップ成分豆知識として参考にしてみて下さい!

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る