【キケン】豊胸手術のリスク・デメリット一覧

【キケン】豊胸手術のリスク・デメリット一覧

シリコンバッグによる豊胸のリスク・デメリット

d3df60b108fe86ac2c6a2e0d133f3d46_s

バストの大きさや形にお悩みでも豊胸手術を受ければすぐにでも解消できます。豊胸手術は美容外科クリニックなどで行われていますが、シリコンバッグを入れる豊胸手術は何かとリスク・デメリットが大きいです。

まず手術による傷跡が残るリスクです。シリコンバッグを入れる時はメスで切開することが必要です。通常はワキの下から切開しますので傷跡は目立ちませんが、乳輪切開や乳房下溝切開の場合は傷痕が目立つ恐れがあります。

元々バストが小さい女性がシリコンバッグを入れると横になった時に流れずに不自然に見えてしまうデメリットがあります。

仰向けになってもバストが盛り上がったままなので、パートナーに分かってしまうことがあるのです。シリコンバッグは身体にとっては異物であるためにカプセル拘縮が起きるリスクがあります。

カプセル拘縮はシリコンバッグの周りに被膜ができて、その被膜が縮みシリコンバッグが硬くなったり変形し、見た目が不自然になってしまう現象です。

両方のバストで起こる女性、片側だけのバストで起こる女性が見られます。シリコンバッグはレントゲンには写りにくいですが、カプセル拘縮が起きるとレントゲンで写ってしまうことがあります。

さらに年月とともに被膜にカルシウムが付着し、石灰化することがあります。石灰化した時もレントゲンに写ってしまうことがあります。

シリコンバッグの耐久性は高いですが、カプセル拘縮が起きると破損するリスクが高まります。破損しても流れ出さないシリコンバッグが多いですが、炎症が生じる可能性があります。

カプセル拘縮は小まめにマッサージすることで予防することが可能です。予防のために高周波マッサージを提供しているクリニックもあります。

注入による豊胸のリスク・デメリット

1548ca101f0ba2f284d0a5e2bb90bb0f_s

注入による豊胸はシリコンバッグと違って切開することは無いです。注射針の跡が残る可能性がありますが、ごく小さなものなので殆ど気にならないです。

ヒアルロン酸注入、脂肪注入と大まかに分けて2種類あります。ヒアルロン酸注入は身体に徐々に吸収されていきますので、期間の経過とともに戻ってしまうデメリットがあります。

バストアップ効果には限りがあり、その効果を持続させるには定期的にヒアルロン酸の注入が必要になるのです。

豊胸手術より費用は安めですが、ヒアルロン酸の注入を受けるたびに費用がかかり、結局負担が大きくなることがあります。ヒアルロン酸は全てが吸収されるのではなく、残ったものがシコリとなるリスクがあります。

コリコリとしたシコリがあると乳がん検診の際に誤解される恐れがあるのです。繰り返し注入すると硬くなる、技量の低い医師に担当されると不自然になることがあるなど他にもいろいろなデメリットがあります。

脂肪注入はヒアルロン酸より吸収されにくいですが、採取できる脂肪には限りがあると言うデメリットがあります。痩せている女性は脂肪が少ないので十分な脂肪を採取できないことがあります。

注入した脂肪が死んでしまうと一部が吸収されずに残り、シコリとなって残るリスクがあります。脂肪を採取した部位で内出血や腫れ、むくみなどが起きることがあります。

その部位をマッサージすることで予防することは可能です。ヒアルロン酸注入でも脂肪注入でも感染するリスクがありますが非常に稀なケースです。

プエラリア配合のバストアップサプリメントはメスで切開することも、注射針で注入することも無いです。毎日粒をお水と一緒に飲むだけ、気軽にバストアップを目指せるのが魅力です。

>>当サイトから選ばれているバストアップサプリはこちら<<

プエラリアにも副作用が見られますが、一日の摂取量上限さえ守っていれば重大な副作用は起こりにくいです。その代わりに豊胸手術と違って、バストアップサプリメントは即効性が無いデメリットがあります。

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る