豊胸手術のデメリット…絶対ダメな理由と後悔の口コミ

豊胸手術のデメリット…絶対ダメな理由と後悔の口コミ

リスクがたくさん!豊胸手術の怖さを知ろう

98714241e93a7a5aa2fc334a21a789ab_s

自身の胸の小ささにコンプレックスを持つ女性は少なくありません。近年ではバストアップのためのサプリメントも登場するなど、関心の高いテーマであると言えます。

芸能界では豊胸手術をしている人も多くいると噂されます。確かに豊胸手術は、お金さえ出せば簡単にバストアップできるてっとり早い方法です。

しかし、安易な気持ちでやって良いものではありません。そこにはたくさんのリスク・副作用が潜んでいることを知るべきです。

そしてその怖さを知ったなら、絶対に豊胸手術をしようだなんて思わないはずです。以下が豊胸手術のリスク、副作用です。

  • バストの形がいびつになることがある
  • バストの感触がボコボコになることがある
  • しこり化、石灰化することがある
  • バストの中に入れたバックが破損することがある
  • バストの中で脂肪壊死を起こすことがあり、そこから感染症となった場合は最悪命の危険を伴うこともある

実際に豊胸手術を行った人が後悔を語る口コミも、たくさんあります。

  • 「豊胸手術をしたけれど、シリコンバックがいつか破損するのではないかと心配で、常に爆弾を抱えている状態で精神的に参ってしまい、安定剤が手放せなくなった。」
  • 「バストにシリコン注入をしたが、仰向けに寝た時に横に流れず違和感がある。異物感がどうしてもぬぐえない。」
  • 「恋人の為に豊胸手術をしたのに感触がいびつでばれてしまい、別れを告げられた。」

・・・などです。

身体の負担だけではなく、精神的にも不安定になってしまう人が多いようです。中でも、安定剤を必要とするほど病んでしまう女性も少なくないというのが現実です。

せっかく手術をしてバストアップしても、気になってしまいすぐに除去手術をするというケースも多いそうです。

サプリメントやマッサージを有効に使おう

1bef27efe2f1c07c44d486a9dc369f38_s

心身ともにリスクの伴う豊胸手術は、絶対にやってはいけないことです。その怖さは前述してきた通りです。

身体にメスや針を刺して高リスクなことをするよりも、身体の内側からバストアップに繋がるようなことを実践していくことの方が、安全で健康的ですよね。

冒頭で少し触れましたが、近年、豊胸に関与する「プエラリア」というサプリメントが注目を集めています。

プエラリアとは、山岳地帯に生息する天然のハーブのことで、イソフラボンやミロエステロール、デオキシミロエステロールなど、女性らしいプロポーションをつくるのに有効な成分が含まれています。

このようなサプリメントを飲んで、身体の内側からバストアップにアプローチしていくというのも安心で有効な手段です。また、バストアップによいとされるマッサージもあります。

バストが小さい事に悩む女性の多くは、本来のバストの脂肪分がバスト以外の部分に流れてしまっていることが多く見受けられます。

そこを解決していけば、少なからずバストにボリュームが出ることが期待できます。

まず、脇の下や肩甲骨の周りなどをマッサージしてリンパの流れを良くすることで、バストアップに効果が出やすくなります。

更に、リンパの流れを良くした上で、バストから背中周り・二の腕などに流れてしまった本来のバストの脂肪分をバストトップへと戻すようにマッサージすると、効果大です。

胸の谷間から乳頭方向へ向かって親指で圧迫していくと、少しへこんだツボがあります。そこを刺激しマッサージするのも、女性ホルモンの分泌を促しバストアップに効果が期待できます。

これらを毎日繰り返していれば、ほとんどの方のバストに変化が現れると思います。サプリメントとマッサージとを組み合わせて実践していくと、更なる効果が表れる可能性が高くなります。

リスクを伴う術法ではなく、身体の内側から健康的にコンプレックスを解消していけたら良いですよね。

>>当サイトから選ばれているバストアップサプリはこちら<<

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る