植物性エストロゲンの「ミロエステロール」とは?効果と実態

植物性エストロゲンの「ミロエステロール」とは?効果と実態

 

attractive asian woman on blue background

バストアップサプリに含まれる『プエラリア・ミリフィカ』に含まれる成分として有名になった「ミロエステロール」(※ミロエストロールとも言う)。

大豆などに豊富に含まれ、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンより、さらに強い力を持っているとされている「ミロエステロール」。バストアップを目指す女性にとっては、とっても気になる成分ですよね。

今回は、「ミロエステロール」という成分をピックアップして、詳しくご紹介したいと思います。

 

1.ミロエステロール(ミロエストロール)とは?

植物性エストロゲンとして、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じ作用を持つとされている「ミロエステロール」。

「ミロエステロール」は、現在のところ『プエラリア・ミリフィカ』という希少なマメ科の植物にのみ含まれている有用成分として知られています。

大豆などに豊富に含まれるイソフラボンも、女性ホルモンと同じ働きをすることで有名ですが、「ミロエステロール」はイソフラボンのなんと100~1000倍の力を持っていると言われています。

 

2.ミロエステロールの女性の身体への効果

「ミロエステロール」という成分が女性の身体にもたらす良い効果は以下。

  • バストアップ効果
  • 美肌効果
  • 生理不順改善
  • 更年期障害の改善

効果の高い「ミロエステロール」などの植物性エストロゲンが乳腺に作用することによって、脂肪や栄養素が胸に行き渡るようになり、バストアップに繋がるとされています。

また、バストアップだけでなく、生理不順や更年期障害に悩む女性にもおすすめです。用量や用法を守って摂取すれば、不調を治し健康的な身体づくりにも効果的なのです。

 

2.ミロエステロールの注意点

上で説明したようにイソフラボンの100~1,000倍の力を持っているということは、注意しなければならないのが摂取量ですね。

「ミロエステロール」を含む『プエラリア・ミリフィカ』はバストアップサプリの主成分として使われていますが、これは飲めば飲むだけ効果的というわけでは決してありません。

過剰摂取によって、逆に体内のホルモンバランスが崩れ、以下のような副作用が起こってしまう可能性もあります。

  • 吐き気
  • 頭痛・腹痛
  • 便秘/下痢
  • ニキビ・肌荒れ
  • むくみ
  • 動悸
  • 生理不順
  • 不正出血

上記のような症状が起こった際には、ミロエステロールが含まれたプエラリア・ミリフィカの摂取をいったん中止して、摂取量や摂取の時間帯、時期などを見直してみましょう

プエラリア・ミリフィカの副作用への対策はこちらの記事を参照

 

まとめ

以上、「ミロエステロール」という成分をピックアップして、詳しくご紹介しました。

以前は「ミロエステロール」ならびに『プエラリア・ミリフィカ』という植物に関する詳細な研究結果が出ておりませんでしたが、近年ではさらに研究が進み多くのデータが発表されています。

その中には「ミロエステロール」に関して、実際のところ女性ホルモン作用の効果はかなり弱いのではないか、という衝撃的なものまで。今後の研究に注目ですね。

様々な見解はありますが、「ミロエステロール」は植物に含まれている成分であり毒性などはないのは事実。サプリなどで摂取をするときは、用量をしっかり守って適量を飲むことが大切です。

是非、参考にしてみて下さい!

【関連記事】

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る