女性ホルモンのプロゲステロンとは?知っておきたい重要な働き

女性ホルモンのプロゲステロンとは?知っておきたい重要な働き

 

美容アンチエイジング2

女性ホルモンは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンを総称したものです。

バストアップや肌のつや・ハリなど女性らしい身体をつくる「エストロゲン」はなんとなく聞いたことはあっても、もう一つの「プロゲステロン」はあまり耳にしたことがない人も多いのでは?

今回は、女性ホルモンを説明する上で切っても切り離せない「プロゲステロン」について、詳しくご紹介したいと思います。

 

1.プロゲステロンとは

女性らしい身体づくりを促す「エストロゲン」に対して、「プロゲステロン」は女性の妊娠に大きく関わっています。

「プロゲステロン」は黄体ホルモンとも呼ばれ、妊娠するために必要不可欠なホルモンなのです。

排卵後から生理前までに多く分泌されるホルモンで、エストロゲンとは対照的に、生理前のイライラや精神不安定、大人ニキビや肌荒れなどにも影響しているプロゲステロン。

女性ホルモンと聞くとエストロゲンばかりに目がいきがちですが、「エストロゲン」と「プロゲステロン」のバランスこそが最も重要。体調を崩しにくくなったり、精神が安定したりと、女性の健康な身体づくりに非常に大きく影響しているのです。

 

2.プロゲステロンの働きとは?

生理前のイライラを引き起こしたり、ニキビや肌荒れの原因ともなる「プロゲステロン」。美人ホルモンと呼ばれるエストロゲンに対してブスホルモンと呼ばれることもありますが、プロゲステロンが正常に働いていないと困ることもたくさん。

以下、「プロゲステロン」の働きを見てみましょう。

  • 妊娠しやすい身体をつくる
  • 子宮内膜を厚くする
  • 基礎体温を上げる
  • 血糖値を正常にする
  • 食欲増進
  • 体脂肪を減らす
  • 乳腺の発達
  • 乳がん予防

ここでは、妊娠についてと、バストアップに効果的な乳腺の発達について、ピックアップして詳しく説明していきたいと思います。

妊娠~妊娠維持までをサポートするホルモン

女性の身体の中に、新しい命が宿るために必要な環境を作り出している女性ホルモン。赤ちゃんのために必要な子宮内膜の厚みを出し、妊娠~出産までの健康体を維持するのに、「プロゲステロン」の働きは非常に重要なのです。

①子宮内膜は月経が起こると一旦薄くなります。
②月経後の卵胞期に入ると、エストロゲンの効果により子宮内膜はだんだんと厚みを増していきます。
③排卵後、黄体期に入るとプロゲステロンの効果により体温が上がり(高温期)、子宮内膜や周囲にある血管の血流量も上がります。
⇒その結果、子宮内膜はさらに増してやわらかくなり、受精卵が着床(=妊娠)しやすくなるのです。

妊娠後も、プロゲステロンの効果で排卵を防いで妊娠体をキープする一方で、吐き気や便秘を引き起こすことも。しかし、最終的には出産まで母体をしっかりと守ってくれるホルモンなのです。

乳腺の発達

胸が大きくなるのは、乳腺が発達しているということ。乳腺の発達は、エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンが相互に働いていることによって起こります。

エストロゲンが乳腺を発達させ脂肪をつきやすい状態にし、プロゲステロンが乳腺自体を形造る働きをしているのです。

この2つのバランスの良い相互作用によってバストアップは実現しますが、このプロゲステロンよりもエストロゲンばかりを重要視しがちになってしまうことが多いです。

そのため、サプリなどを過剰に毎日飲むなどして、エストロゲンばかりを増やしたり作用を増加させてしまうと、プロゲステロンとのバランスが悪くなり、バストアップ失敗どころか、乳がん・生理不順・更年期障害などに影響してしまうのです。

植物性エストロゲンが豊富なプエラリア・ミリフィカ配合のサプリの効果的な飲み方はこちら

 

3.プロゲステロンを増やす / 分泌を促す方法とは?

妊娠しやすい健康な身体をつくることはもちろん、バストアップなど女性らしい身体をつくることにも、プロゲステロンが非常に重要だということはわかりましたが、実際に自分の体内のプロゲステロンの量は正常なのか、上手く分泌されているのか、気になりますよね。

病院でホルモン値を検査してみよう!

生理不順や不妊・更年期障害などの悩みを抱えている方は、まずは内科や婦人科のあるクリニックで検査を受けてみてはいかがでしょうか。

特に妊娠を希望している方にとっては、不妊や病気の早期発見に繋がるので、手遅れにならずに済むかもしれません。

生活習慣を見直す

プロゲステロンのみならず、女性ホルモン全体にとって悪影響になる生活をしていないか、自分の生活習慣を見直してみましょう。

◆良質な睡眠をとる
◆バランスよい食事を心がけ、偏った食事をしない
◆喫煙者なら量を抑える
◆身体を冷やさないようにする

などなどチェックして、直せるところから直していきましょう。

プロゲステロンを増やす食べ物

ビタミンEを多く含むもの
  • ナッツ類:アーモンド・ヘーゼルナッツなど
  • 植物油:ひまわり油、オリーブオイルなど
  • 魚卵類:たらこ、明太子、いくらなど
  • 野菜類:アボカド、ほうれん草、かぼちゃなど
ビタミンCを多く含むもの
  • 野菜類:じゃがいも、キャベツ、ほうれん草など
  • 果物類:キウイ、オレンジ、パイナップルなど

老化防止・血流の改善・動脈硬化予防・生殖機能維持などの働きがあり、別名「子宝ホルモン」と呼ばれているビタミンE。抗酸化作用があり、ビタミンEと同時接種するとさらに効果的なビタミンC。

このビタミンEとビタミンCの組み合わせは、プロゲステロンを増やすことだけでなく、身体の健康維持に大きく役立ちます。

プロゲステロンを補う薬

注射や治療薬でプロゲステロンを増やすこともできます。

こちらは、正常な生理周期を生み出せずに、妊娠するための準備もできなくなってしまう「黄体機能不全」と診断された場合などに行う治療です。

 

まとめ

以上、女性ホルモンを説明する上で切っても切り離せない、忘れてはならない「プロゲステロン」についてご紹介しました。

プロゲステロンの働き
  • 妊娠しやすい身体をつくる
  • 子宮内膜を厚くする
  • 基礎体温を上げる
  • 血糖値を正常にする
  • 食欲増進
  • 体脂肪を減らす
  • 乳腺の発達
  • 乳がん予防

 

バストアップや女性らしい身体を作る上で、注目されがちなのがもう一つの女性ホルモン「エストロゲン」なのですが、エストロゲンに注目するあまり、「プロゲステロン」の存在を知らずに、バストアップサプリなどでエストロゲンばかりを過剰摂取してしまうのがとっても危険!

健康なバストアップを目指すなら、そして妊娠したいと望んでいるなら、この「プロゲステロン」の分泌を促すことは必要不可欠。

生活習慣に気を付けたり、食べものに気を付けてみたり、不安であれば一度病院で検査してもらうなどして、自分のホルモン値を知っておきましょう。

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る