激しい運動からバストを守る!スポーツブラに期待できる効果

激しい運動からバストを守る!スポーツブラに期待できる効果

 

young asian woman exersicing

日頃からランニングをしたり、趣味でスポーツをしたりと運動が好きなスポーツ女子の方なら、一度はスポーツブラをつけたことがあるのではないでしょうか。

最近では、スポーツ用品でも女性に人気のオシャレなスポーツブラなども多く発売されています。

また、バストアップの際にも、バストは大きくしつつも、お腹や足などはきゅっと引き締めたいですよね。そのためにも適度な運動は理想の身体に近付けるのにとても重要なのです。

今回は、運動する時に欠かせないスポーツブラについて。スポーツブラの役割と期待できる効果についてお話したいと思います。

 

1.スポーツブラの役割とは?

まず最初に、スポーツブラの役割を見ていきましょう。一見、バストアップとは無縁のように思えますが、スポーツブラをしっかり着用することでバストアップにも効果があるんですよ。

  • バストの揺れを軽減
  • むれない(通気性・速乾性)
  • ブラがずれにくい
  • 動きやすい(伸縮性)

運動時は、意外とバストにも負担がかかっています。

スポーツブラはしっかり固定することによって、バストを揺れなどの振動から守ってくれることに加え、動きやすくむれにくい構造で汗疹などのお肌のトラブルからも守ってくれるのです。

 

2.スポーツブラの効果

では、以下スポーツブラの役割・効果についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

バストの揺れを軽減

スポーツブラの大きな役割としてあげられるのがバストを固定することによる揺れの軽減。これは、垂れ胸や離れ胸の原因となる「クーパー靭帯」の傷みや伸びを防ぐという役割を果たしています。

「クーパー靭帯」とは、バストをつくっている「脂肪」と「乳腺」を支えている、コラーゲン繊維組織の束のこと。

クーパー靭帯は、乳腺を皮膚と筋肉につなぎとめる役割をしており、放射線状に無数に伸びるワイヤーのような働きをして、バストを吊り上げてくれています。このクーパー靭帯が傷ついて切れてしまったり、伸びてしまうことが、垂れ胸や離れ胸に繋がってしまうのです。

クーパー靭帯は、激しく胸を動かす上下運動(階段の上り下りなど)で切れたり伸びたりしてしまうので、しっかりと固定できるスポーツブラをつけることによって、傷みを軽減できるのです。

むれない(通気性・速乾性)

スポーツブラの多くは、運動して汗をかくことを考慮し、通気性や速乾性に優れています。

通常のブラは、デザイン性や形を重視していることが多く、汗をかいたらむれてしまい汗疹になってしまったり、汗が乾かないまま冷房などで急激に冷やすことで、バストの冷えや血行に影響してしまいます。

ブラがずれにくい

通常のブラをつけて運動をしていると、肩紐がずれたり、腕の上下によってブラも上下に動いてしまったりと、何かと気が散ってしまうものです。

さらに、ブラがずれることによって、固定すべき部分もずれてしまい、胸まわりのリンパを圧迫したり、激しい揺れからバストを守れなくなってしまいます。

スポーツブラは運動や激しい動きによるブラのずれがないように設計されているものが多く、安心して運動に集中できるでしょう。

動きやすい(伸縮性)

ずれにくいのと同じく、動きやすいのもポイント。身体を大きく動かす運動をするときに、強いワイヤーのブラだと、腕を思いっきり上にあげたときなど、ブラのアンダー部分が上に来てしまい、ワイヤー部分が胸の圧迫につながってしまいます。

伸縮性に優れたスポーツブラなら、名前の通りどんなスポーツにも対応できるくらいの動きやすさが魅力です。

 

まとめ

以上、運動する時に欠かせないスポーツブラの役割と期待できる効果についてお話しました。

運動するとき用にスポーツブラを選ぶことはとても大切。バストアップと共に、ダイエットや趣味、体型維持のために運動もしたいという方は、スポーツブラをしっかり活用してください。

適度に運動して血行を良くしながら、スポーツブラでバストを下垂から守り、美型バストを目指しましょう。

 

最近登録された新着の豊胸コラム

すべてのコラムを見る